アルコール除菌 正しい使い方

アルコール除菌

記事関連ワード

アルコール 除菌 効果 効かない 乾かす

アルコール除菌

スタッフの手の消毒や調理器具の除菌、その他手で触るところの消毒をするためにアルコールを置いている飲食店は多いと思います。 焼肉-kai-でも掃除用の液とは別にアルコールも置いてあります。

正しい使い方をすれば、消毒効果に限定して言えば、手洗いよりも効果的と言われています。 せっかく決して安くはないアルコールを置いているのに、手を消毒する際や、まな板・包丁を消毒する際、効果の薄い使い方をしている人を良く見かけます。

正しい使い方を覚えて、効果的にアルコール除菌を行い、食中毒や感染症を予防しましょう。 食中毒は小さなお店には命とりです。

もう一つが十分な量を使うことです。 例えば手を消毒する際、アルコールは揮発性がありますが、手に取ったアルコールが一瞬でなくなってしまうような量では効果が薄い可能性があります。 十分な量をとって特に爪の間などしっかり消毒しましょう。

アルコール除菌の正しい使い方

私がこの記事でとにかく伝えたいことは、アルコール除菌は『乾いてから行う』ということです。 『濡れているものに使用しても効果は薄い』です。

これだけ伝われば、正直この記事でお伝えしたいことの90%は完了です。 手を洗って濡れた手のままアルコール消毒を行っていませんか? 洗い終わったまな板や包丁を消毒する際、完全に乾いてからアルコール除菌していますか?

簡単に濡れているものに対して使用しても効果が薄い理由を説明すると、濃度が下がるからです。

アルコールが細菌やウィルスに対して有効な効果を発揮する濃度の幅は非常に狭いです。 そのため、濡れたものに使用するとアルコール除菌の効果が大幅に失われてしまいます。

アルコール使用時の注意

アルコールを使用する際、除菌・消毒はもちろん、よごれを良く落とすので掃除などにも利用することがあるかと思います。 その際、合成ゴムや塗装(ニスなど)変質するものもあるので注意しましょう。

誤って飲んでしまったり、目などの粘膜にかかってしまわないよう注意し、もしもの時は適切な処置をとりましょう。

物ではなく、手など人を消毒する際は、医薬品または医薬部外品のアルコールを使用しましょう。 様々なアルコールが販売されていますが、『医薬品、医薬部外品』以外のアルコールは人体への消毒目的の使用は認められていません。

また、同じ個所に何度も使用すると肌荒れの恐れもあります。

最後に、引火性がるので火気使用時には十分注意して使用しましょう。

アルコールで除菌できないもの

除菌・消毒効果の高いアルコールですが、除菌できないものもあることを覚えておきましょう。 除菌できないものには以下のようなものがあります。

ノロウィルス
毎年寒い時期に猛威をふるう有名なノロウィルスです。ノロウィルスには次亜塩素酸ナトリウムが有効です。 次亜塩素酸ナトリウムに関する記事をご覧ください。

ウェルシュ菌
ウェルシュ菌は人間の大腸に住んでいる常在菌で、畜産食料品の腸内にも住んでいます。 食中毒を引き起こす菌でアルコールでの除菌も難しく熱にも強いです。 作り置きしたものや、常温に長くさらしていると急速に繁殖しますので注意しましょう。

セレウス菌・ボツリヌス菌
土の中や水の中にも存在するためあらゆる食材に付着している可能性があります。 こちらも熱に強いので、食材はよく洗って使用するなどの予防策をとりましょう。 こちらも常温に放置せず、冷蔵するものは冷蔵し、加熱も十分に行いましょう。

記事作成日:2016.11.12
記事更新日:2017.10.07

FacebookロゴTwitterロゴFeedlyロゴrssロゴこのエントリーをはてなブックマークに追加