焼肉-kai-における受動喫煙防止対策に関して

受動喫煙

記事関連ワード

受動喫煙 喫煙室

喫煙専用室設置のお知らせ

喫煙室設置

健康増進法改正に伴い、2020年4月より、飲食店においても原則屋内禁煙となります。

これに伴い、焼肉-kai-においても、各お部屋での喫煙ができなくなります

お店の外に喫煙所を設置する事も考えましたが、店舗入り口付近に煙がいかないよう喫煙スペースを作るのが難しく、また、屋外は夏は暑く冬は寒いため、いつもご来店いただいている方の中にもおタバコを吸われる方もたくさんいらっしゃるため、狭いスペースではございますが、店内に喫煙スペースを設置しました。

おタバコを吸われるお客様は、喫煙スペースでの喫煙をお願い致します。

喫煙室内での飲食は禁止です。

また、各お部屋はもちろん、店舗入り口付近も禁煙とさせていただきますのでよろしくお願い致します。

今回の改正を簡単にご説明

焼肉-kai-においては、今回の改正により、喫煙室内でのみ喫煙可とさせていただきましたが、他の店舗様においては対応状況が違う場合もございます。

ここで簡単ではございますが、どのようなパターンがあるのかご説明させていただきます。

喫煙が可能な施設では、どのような喫煙設備を配置しているか説明する標識の提示が定められています。

店舗入り口付近に提示されている事が多いかと思いますので、お店に入られる前に確認してみると良いかと思います。

1.全面禁煙
全面禁煙

元々禁煙の店舗様、今回の改正を機会に禁煙にされた店舗様、店内に喫煙室を設置するのが難しい店舗様などは、屋内でタバコを吸う事ができません。

色口付近に、上図のような標識が表示されている可能性があります。

※喫煙施設を設けている場合に掲示が定められているため、禁煙の場合は掲示が無い可能性もあります。

2.加熱式たばこ専用喫煙室あり
加熱式たばこ専用喫煙室あり

基本的に同一スペースで喫煙と飲食を行う事はできませんが、加熱式たばこであれば喫煙しながらの飲食が可能です。(ただし、20歳未満の方の入室不可)

上図は、加熱式たばこを吸いながら飲食できるスペースを設置している店舗様が提示する図です。

※火をつけて吸うたばこを吸いながらの飲食は不可。

3.喫煙専用室あり
喫煙専用室あり

一般的な飲食店ではなく、喫煙を主目的とするバーやスナック等に限り喫煙目的室内での飲食等のサービスの提供が可能です。(ただし、20歳未満の方の入室不可)

※火たばこ・加熱式たばこ共に喫煙可

4.喫煙可能室あり
喫煙可能室あり

以下3つの条件を全て満たしている店舗様は、店内の一部または全部を喫煙可能とできる経過措置が設けられています。

1. 令和2年4月1日時点で営業している「既存の飲食店」であること
2. 資本金または出資の総額が 5,000万円以下であること
3. 客席面積100平方メートル以下であること

ただし、喫煙可能とする際は、届け出が必要となり、喫煙席と禁煙席を分ける際は煙の流れに細かい規定があり改修が必要となる他、喫煙可能スペースに20歳未満のお客様・従業員の立ち入り禁止となるため、かなりハードルが高いかと思います。

注意事項

20歳未満の方は喫煙スペースへの立ち入り禁止

どのような喫煙可能施設であっても、喫煙スペースへの20歳未満のお客様・従業員の立ち入りは禁止されています。

お子様連れで喫煙・飲食可能なスペースへ入る事はできません。

喫煙可否の変更不可

昼は禁煙、夜は喫煙可、20歳未満の方がいらっしゃるので禁煙になど、時間帯や状況によって喫煙・禁煙を変更する事はできません。

店舗入り口付近での喫煙に注意

出入口への煙の流れの決まりがあるため、例え屋外であっても喫煙できるスペースとは限りません
店舗様の案内に従って、決められたスペースで喫煙しましょう。

罰則あり

ルールを破った方・店舗に罰則が定められています。
今回の改訂でマナーからルールに変わっているため、悪質な場合は罰せられる可能性があります。

最後に

今回の改訂では、色々なパターンがあり、喫煙者の方は最初とまどうかもしれません。

入口付近に提示されているであろう表示を良く確認してご入店されて下さい。

また、今回の対象は『火たばこ・加熱式たばこ』であり、『かぎたばこ・かみたばこ・VAPE等』は規制対象外ですが、禁煙席でVAPE等の煙をはくのもマナー的に難しいかもしれませんし、店舗様に相談されてみると良いかもしれません。

記事作成日:2020.03.21

FacebookロゴTwitterロゴrssロゴこのエントリーをはてなブックマークに追加