小規模店舗の費用を抑えたポスティングによる集客

ポスティング

記事関連ワード

ポスティング 集客 小規模

はじめに

飲食店でも小売店でもそれ以外のお店でえあっても、お店をしている場合『集客』はとても重要です。

いつも来て下さるお客様を何より大切にするべきですが、新しいお客様にも来ていただきたいお店は多いと思います。

口コミでお店の噂が広がってお客様に来ていただけるのが一番有難いし嬉しいのですが、時間がかかります。

また、季節による売り上げの変動などもあり、宣伝して売上減少時期の売上減少を少しでも抑えたい。といったお店の事情などもあるかと思います。

インターネットが普及し、インターネットによる『集客』も絶大な威力を発揮しますが、チラシ等による『紙』での集客効果もまだまだあるかと思います。

食べログさんや、ホットペッパーさん、ぐるなびさんなどのサイトにも掲載しており、集客はそれなりにできているのですが、掲載してお客様に見てもらうのを待つといった、 待ちのイメージもあるので、お客様に来ていただきたい時期に見ていただけるような広告として『紙』による宣伝も効果があるのではないでしょうか。

当店の規模

お店の規模によっては、今回の記事は参考にならないかもしれません。

当店は、全7室(28席)しかない小さなお店で、複数店舗展開も現状行っていません。

そのため、広告宣伝費に大きなお金はかけられません。フリーペーパーなどに広告を載せるとサイズによりますが、数万円~数十万円の費用がかかってしまいます。

また、小さな店舗なので喜ばしい事ですが一度に多くの方に宣伝し効果があってもお店に入りきらず、お断りしなければならない事態も発生してしまいます。

私のポスティングチラシ作成から配布までの方法

まず初めに断っておきますが、費用はかなり抑えられますが、かなりの労力がかかります。

資金力のあるお店さんや、時間の取れない方は、できる所のみ自分で行い丸投げできる所は丸投げしてしまうのが良いかもしれません。

チラシの作成方法
チラシの作成ですが、ここは自分で作るのが良いかと思います。

しかし、作る方の能力にもよりますが、やはりプロの方に作っていただいた方が圧倒的にデザイン力が違いますし、仕上がりが綺麗で見栄えも良いです。

なので、一度きりの宣伝、勝負に出る宣伝などであればプロの方に頼まれた方が良いかと思います。

それでも自分で作った方が良いという理由は、まず費用が発生するという事です。

私もオープンしたばかりの頃にプロの方にお願いしようと何社か見積もってもらいましたが、値段はピンキリで数万円~30万円程の見積もりをいただきました。

結局安いところにお願いしたのですが、デザインの提案などは一切なく、文言の一言一句まで全て自分で考え(提案や修正は一切無し)、デザインから色まで全てこちらから伝えねばならず、 もちろん仕上がりはプロの出来栄えにはなるのですが、パソコン作業は得意な方なので、似たようなものは作れる自身があり、あまり納得のいかないものとなってしまいました。

たまたま私がお願いした会社さんが良くなかったのか、安くお願いしたせいでこうなったのかはわかりませんが、良い仕事をしてくれる会社さんを見つける労力も発生してしまうという事です。

その点、自分で作れば自分のスキルも上がりますし、一度作ってしまえば、一部を修正して再度新しい広告を作る事も可能です。

今はネットで様々なデザイン例や、デザインテンプレートがあり必ずしもイチから自分で作らなければいけないという事もないので、そんなに敷居は高くはないと思います。

デザインをもの凄く重視し、自分で作るのであれば、フォトショップやイラストレーターなど高額なソフトを購入する必要があるかもしれませんが、 ワードやエクセルでも、それなりのものを作る事が可能です。

私は、印刷をお願いした会社さんへのファイル納品の関係で、マイクロソフトのワードを使って、チラシを作成しました。

後ほど私が作成したチラシをご紹介したいと思いますが、チラシには、最低限、店名・電話番号・住所・営業時間・定休日・地図・サイトURL・お店の特徴は載せた方が良いでしょう。

また、割引はしない!などお店の方針もあるかとは思いますが、チラシ持参のお客様には何らかの特典はつけるべきだと思います。

もちろんお客様に来ていただく事が第一の目的なので、特典をつけなくても来てもらえれば良いのですが、何も特典をつけていないとお客様はチラシを持って来ないため、チラシの効果が全くわからなくなってしまい、 次回のチラシ作成・配布のモチベーションが上がりません。

チラシの印刷方法
チラシの印刷は業者さんにお願いするのが一番良いかと思います。

私も初めは自分の会社のコピー機やプリンタで印刷していたのですが、紙代とインク代が結構かかります。

恐らく、自分で印刷するよりも業者さんにお願いした方が安く、きれいに仕上がるのではないでしょうか。

ちなみに私は、アスクルさんやラクスルさんに印刷をお願いしています。

例えば、先日私がお願いした『A4用紙・両面カラー・コート紙90kg』の場合、1000枚で2,900円5000枚で9,030円とかなりの安さです。

コピー用紙はそれなりの安さで購入できますが、ツルツルとした良くチラシ印刷に使われている紙などは自分で購入するとそれなりの値段で買う事になります。

方法はあるのかもしれませんが、私が調べた感じでは、自分で印刷しようとすると、紙代とインク代で業者さんにお願いする費用の倍以上かかりそうでした。

チラシの配布方法
チラシの作成・印刷まではそう手間ではないのですが、チラシの配布はかなり大変です。

チラシの作成・印刷までは自分で行い、配布は新聞やフリーペーパーに頼る方法もありますし、ラクスルさんにはポスティングまでやってくれるサービスもあります。

私はそれでも毎回、自分の足で歩いてポスティングしています。

ネットで配布したい地域の地図を印刷し、自分が通った道をマーカーで塗っていきながらひたすらに歩きます。

配る場所の地形や、一戸建て・マンションの数などによって配れる数はかなり変動しますが、2,3時間で300枚~1,200枚くらい配れているように思います。

売上が減少する時期の空き時間などに毎日ちょこちょこ配っています。

チラシの反応率

チラシの反応率としては様々なデータがネットで調べると『10,000部配って数件程度』という恐ろしいデータが出てきたりします。

もちろんそのような状況になってしまうお店もあるでしょうし、それ以上・それ以下の反応率のお店もあると思いますが、当店ではどのような状況かご紹介したいと思います。

私は焼肉店をやっているのですが、繁盛期は、3,4,7,8,12月です。逆に5,6月・9月~11月の時期が弱いので4月頃からと8月末頃からチラシを配る事が多いのですが、 チラシの特典の有効期限を2,3ヶ月に設定して毎回5千枚~1万枚程度配っているのですが有難い事に1%前後のチラシが戻ってきます(チラシを持ってお客様にご来店していただけています)。

当店の具体例

大雑把に説明してきたので、今私が作成・配布しているチラシの例をご紹介します。

今回は、アスクルさんに印刷をお願いしました。

アスクルさんの場合、サイズ:A4 ・ 用紙:コート90kg ・ 9営業日後お届けが最安値になるかと思います。

上記条件で、両面カラーを2,000枚お願いして、料金は4,515円でした。

チラシのデザインはこんな感じです。

表面

チラシ例表面

裏面

チラシ例裏面

デザインは配る地域によって変えています。

今回例にあげたチラシは本当にお店の周辺に配る用で、ある程度お店の存在は認識していただいているであろう地域に配るため特典を記載する部分に多くの面積を使っています。

このくらいのデザインであれば簡単に作れそうだと思いませんか?

写真も自分の携帯で撮ったものを使用しています。写真は正直もう少しクオリティの高いものを使用したいのですが。笑

お店から少し離れた地域に配る際は、写真を増やしお店の雰囲気やこだわり、価格帯などがわかるようにしています。

お気づきの方もいらっしゃると思いますが、A4用紙に3本線を入れ、カットする事によりA4用紙一枚で4枚のチラシが出来上がります。

なので、2,000枚の印刷で8,000枚のチラシが出来上がるというわけです。

最初の頃はカッターで切っていたのですが、仕上がりが悪く、カットするのに結構な時間がかかってしまいます。

なので最近では、ペーパーカッターを使用しています。スピードが全然違いますし、切り口もきれいです。

記載できる情報量が減ってしまいますし、大きな写真が載せられなくなってしまうので大きさは考慮する必要があるかと思いますが、 このようにする事により、費用は抑えられますし、ポスティング時に配りやすいというメリットもあります。

私は車やバイク、自転車を使わず徒歩で配っているのですが、一回で1,000枚以上配る日もあるため、かばんに1,000枚以上のチラシを入れ肩にかるってでかけていきます。

それでも連日配っていると肩が痛くなってくるのですが、それがA4サイズで1,000枚となるとかなりキツいのではないでしょうか。

注意する事

特典の内容をよく考える
先ほどチラシの効果がわかるように、チラシを持って来ていただいた方に何かしらの特典をつけた方が良いと書きましたが、特典の内容は熟考して決めましょう。

特典の内容によってチラシの効果は大きく違ってくると思いますが、利益を取らずにとにかく一度お店に来ていただきたいのか、 利益もしっかり確保してご来店いただけるお客様を少しでも増やしたいのかなど、目的に合った特典をつけるべきだと思います。

安易に割り引いて、安い値段で販売してしまうと、今後正規の値段ではお客様が近寄らないといった恐ろしい事態になる事も考えられます。

チラシは不要な方にはただのゴミ
チラシお断りとポストの近くに書かれた建物は結構多いです。

問題になってしまう事も考えられますので、チラシお断りの建物にはポスティングしないよう注意しましょう。

挨拶は大事
チラシを配っていると、話しかけてくださる方もいらっしゃいます。

お話しできるのはご来店いただけるチャンスなので、好印象を持っていただけるよう対応したい所です。

また、チラシを配っていると、家主さんが玄関先にいらっしゃるという状況が頻繁に発生します。

無言でポスティングするのはイメージが良くないので、しっかりと挨拶してチラシを入れさせてもらいましょう。

最後に

少し長くなってしまいました。

ポスティングによる紙媒体の広告もまだまだ効果があると思いますので、私は最初から最後まで自分でやって費用を浮かせていますが、 当然そこまで時間のある方は少ないと思いますので、できる範囲でやってあとは、委託しても良いかと思います。

より安く、または少し費用がかかっても効率よくできる方法などございましたら、是非教えていただけると嬉しいです。

記事作成日:2018.6.5

FacebookロゴTwitterロゴFeedlyロゴrssロゴこのエントリーをはてなブックマークに追加