お店に置いてあると便利なもの

便利グッズ

記事関連ワード

電子申請 開始 手続き e-Tax

はじめに

大きな会社さんであれば色々な道具や設備を持っているかもしれませんが、規模の小さい飲食店ではあると便利とわかっていても何から何まで購入するのは費用的にもスペース的にも難しいものです。

しかし、安価で手に入るものでその費用に見合った効果があるのであれば購入するべきだと思います。

私はアルバイト時代から含めると、応援や手伝いも含め数十店舗の小さな飲食店で作業した経験がありますが、高価な厨房機器を持っているお店さんはたくさんありましたが、 事務用品等は、必要最低限のものしか用意していないお店が多いように思います。

お店の規模は違っても、販促・仕込み・発注・事務作業など様々な作業があるわけで、スタッフの数が少ないほど一人一人のスタッフがかかえる作業数が増えてくると思います。

今でこそ少しづつ作業分担できるようになってきましたが、オープン当初は全ての作業を自分でやっていたため、とても回せず、 少しづつ効率グッズを買い揃えていきました。

本当にありきたりのもので、既に持っている方も非常に多いと思いますが、私が買って良かったと思うものをご紹介させていただきたいと思います。

また、商品と合わせてどのような使い方をしているかも簡単にご紹介したいと思います。

テプラ

まずは、テプラです。打った文字をシールで出力してくれるものです。

ヘビーユーザーであれば、PCと接続できるテプラがおすすめですが、少し値段が上がります。

テプラの機械本体で文字を打つものであれば、ネット購入にしろ、お近くの家電量販店にしろ3,000円前後で購入できると思います。

あると本当に便利で持っている方も非常に多いと思います。

焼肉-kai-で一番効果を発揮した使い方が、発注を要する商品の置き場を全て決め、そこに品名をテプラシールで貼るという使い方です。

どこの飲食店でも多かれ少なかれ発注漏れというのは発生するかと思います。

発注漏れによる欠品・売切れが発生すると、販売チャンスを逃す事はもちろん、売切れアナウンスの手間お客様の不満につながるなど、 物によっては、かなりの損害が発生する可能性があります。

ラベルで置き場固定

こうする事により、発注漏れはほぼ0になり、置き場を守らないスタッフも固定の置き場所に置くようになりかなり改善されました。

ラミネーター

続いてはラミネーターです。

焼肉-kai-では、店外のお知らせや、店内ポップ、メニュー表、スタッフが使う資料等色々な所でラミネーターを使用しています。

紙の耐久性がアップするのがまず第一ですね。店外は雨風にさらされますし、焼肉店のため、店内に置いた紙類は油やタバコのヤニなどですぐに汚れてしまいます。

ラミネートしていれば、汚れも拭けばすぐに落ちますし、水からも守ってくれます。

そしてもう一つがラミネートする事により文字が浮き出てよりきれいに見える事です。

和風のお店であっても、筆などで書いた字も凄く綺麗に浮かび上がって、より見栄えを良くしてくれます。

また、ショップカードなどもラミネートしておくと、お客様の財布の中でよれよれになってしまう事態も防げます。

押しピンなどでとめる際は、紙の無いところに穴をあける事をおすすめします。 紙の上に穴をあけてしまうと、そこから水分が入っていきやすくなってしまいます。

見てから印刷FAX

飲食店などをやって電話番号をさらけ出しており、電話番号とFAX番号が同じだと日々大量の広告FAXが送られてきます。

発注は電話かFAXといった業者さんはまだまだ非常に多く、お店の閉店後は業者さんの営業時間は終了しているため、FAXは必需品です。

ほぼFAXを送信するだけのために置いているFAXですが、自動的に印刷してしまうタイプを使っていると広告FAXだけでFAX用紙やインクリボンが無くなってしまいます。

初めのうちは配信停止依頼のFAXを送り返していましたが、いたちごっこなだけで次々新しい所から送られてくるのであきらめて、見てから印刷機能の付いたFAXに買い換えました。

見てから機能の付いたFAXは少し割高で2万円近くしますが、インクリボンは長持ちするようになり、そのうち元が取れるのではないかと思います。

シュレッダー

会社をやっていると、個人情報や、会社の情報などそのままでは捨てる事のできない資料が日々出てきます。 また、労働者名簿や出勤簿、領収書に賃金台帳、現金出納帳など資料によって3年5年7年など保管期間が定められており、保管期間を過ぎても置いておける場所があれば良いのですが、 いつかはいっぱいになり大量の廃棄書類が発生します。

本当に大量であれば業者さんに頼んで処分してもらうのも手ですが、ダンボール数個分であれば自分でシュレッダーにかけてしまった方が早いケースもあります。

シュレッダーによって細断レベルが異なるので、日本にはまだ明確な基準はないようですが個人情報や重要な社内情報の載った紙を細断する際はセキュリティレベルの高いシュレッダーを購入するようにしましょう。

ディスクカッター

スタッフの給与明細をカットする際や、チラシを作成する際、A4用紙に4枚分のチラシを印刷す事があるのですが、そのカットなどに利用しています。

数枚であればカッターで十分ですが、大量にある場合はディスクカッターがあると大幅に作業時間を短縮できますし、慣れてくれば仕上がりも綺麗です。

記事作成日:2017.10.18

FacebookロゴTwitterロゴFeedlyロゴrssロゴこのエントリーをはてなブックマークに追加