ビールと生ビールの違い

生ビール

記事関連ワード

ビール 生ビール 違い ドラフト

はじめに

缶・瓶ビール ⇒ ビール
ジョッキ ⇒ 『生』
という誤った認識の方が非常に多いので記事にしてみました。

私のやっているお店ではS社のビールを樽で仕入れジョッキ(またはグラス)でご提供しています。 A社やK社のビールが好き。というお客様もたくさんいらっしゃいますが、樽は開けたら3日以内には使い切ってしまわないと状態が悪くなってしまうため、 規模の小さい当店では複数の樽を扱う事はできません。

そのため、A社とK社のビールは瓶で数本置いているのですが、A社の『生』はないの? K社の『生』はないの?と良く聞かれます。

生ビールとは

『生』ビールと呼べるものは、加熱処理していないビールです。 そして、『生』ビールと呼べないビールは加熱処理しているビールです。

つまり、缶ビール・瓶ビール・樽からジョッキに注がれたビール。これらは全て加熱処理されていなければ『生』ビールです。 中身は全て一緒です。缶や瓶を良く見てください。『生』と表記されているものも多いと思います。

加熱処理とは

この加熱処理は殺菌のために行う加熱とは違います。アルコールを作るには酵母を発酵させなければなりません。

発酵が進んだ後、酵母を取り除かなければ発酵が進行し美味しくないビールに変わってしまうため、酵母を取り除く必要があります。

以前は、この酵母を取り除くために加熱処理していたのですが、現在では濾過技術が進み、加熱しなくても酵母を取り除き発酵を止めることができるようになったため、加熱せずに濾過する製法がとられています。

加熱処理されたビール

ではいつも飲んでいるビールは全て『生』ビールか。というと違う場合もあり、日本のビールですと、

・アサヒスタウト(アサヒ)
・クラシックラガー(キリン)
・サッポロラガー(サッポロ)

などは加熱処理されたビールなので、『生』ビールでないビールです。

ビールの味の決め手

ただ、この加熱処理しているかしていないかは、味に大きな影響は与えないようです。 家で飲むよりもお店で飲んだ方が美味しい。と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

私はこの違いは管理状態注ぎ方などビールが出来上がった後、口に運ばれるまでの間の状況の違いだと思います。 この話はまた次回記事にしようと思っているのでここでは詳細を省きます。

最後に

この『生』ビールの定義はあくまでも日本の話であって、他の国では定義が異なり、 加熱処理にかかわらず、樽に入ったビールが『生』ビールで、缶・瓶に入ったビールは生ビールでないという定義の国もあるという事に注意してください。

ただし、日本国内においては、『ビールの表示に関する公正競争規約及び施行規則』にもしっかりと明記されていますし、景表法の問題もあると思います。

酵母を取り除かずに、短い賞味期限で販売されていた生ビールもあり、詳しく調べてみると面白いですよ。

記事作成日:2017.02.13

FacebookロゴTwitterロゴFeedlyロゴrssロゴこのエントリーをはてなブックマークに追加