赤ワインと白ワインのグラスを分ける理由

赤ワインと白ワインのグラス

記事関連ワード

赤ワイン 白ワイン グラス 区別 違い

ワインのグラス選び

あなたのお店では、赤ワインと白ワインでグラスを使い分けていますか?

お客様の飲まれる飲み物の種類が多様化しているため、あるカテゴリの飲み物の種類を豊富に取りそろえるのはなかなか難しく、 お店によって種類の充実した飲み物は違うかと思いますが、種類は少なくても、例え一種類であっても赤ワインと白ワインを取り扱っているお店は多いと思います。

グラスを分けるようなコストをかけたくないというお店や、グラスを保管するスペースの問題もあるので、知識として知っていて分けていない。 または兼用のグラスを使うのであれば何も問題はありませんが、明らかに赤ワイン用のグラスで白ワインが出て来るとどういう意図なのかなと疑問に思う事もあります。

ワイン好きの方には常識でしょうし、ワインが正直私の一番の勉強不足分野なのですが、そんな私でも知っているくらいの情報なのですが、記事にさせていただきました。

ただ、ワイン好きの方で知識を持っている方でも兼用されている方もたくさんいらっしゃるようなので、何とも言えませんが、お店で出す際は飲み物に合ったグラスを使うべきだと思います。

焼肉-kai-は、良いお肉を使った全席個室の落ち着いた少し高級感のある雰囲気を目指しているので、グラス保管のスペースを確保しなければいけませんし、 ワイングラスはそれなりのお値段がするのですが、(赤ワイングラスが一番お店の中で高いグラスになってます)赤ワインと白ワインのグラスを分けることにしました。

赤ワインと白ワインのグラスの違い

大雑把に言ってしまうと、赤ワインのグラスの方が大きく白ワインのグラスの方が小さいです。

赤ワインの特徴
赤ワインは黒ブドウ品種からつくられ、種や皮を除去せずにそのまま発酵させてつくられるワインです。 香りを良くするために、冷やさずに飲むのが一般的です。

保管方法や提供時のワインの温度に関しては別記事に記載していますので、興味のある方は見ていただけると嬉しいです。

ワイン保管

ワインの保管方法と提供温度

ワインセラーのない飲食店でのワインの保管方法とご提供時の温度

赤ワインの入ったグラスを回している光景を良く目にすると思いますが、グラスを回すことでワインが空気に触れて酸化が進むことにより、ワインの味わいや香りを変化させるためです。

余談ですが、右利きの人は左回り、左利きの人は右回りに回すことがワインのマナーです。

空気に触れさせる、香りを楽しむことから、赤ワインのグラスは、空気に触れる面積を大きくするため大ぶりなサイズで、香りを逃がさないよう丸みを帯びた形のものを選ぶのが良いです。

白ワインの特徴
白ワインは白ブドウ品種からつくられ、種や皮を取り除いて醸造されるワインです。 冷やして飲むのが一般的です。

果皮や種子に含まれるタンニンがワインに渋みや深みを与えますが、白ワインは種や皮を取り除くため、赤ワインに比べ味わいの要素が少なくシンプルなため、赤ワインよりも温度による味の感じ方の影響を受けやすいです。

そのため、白ワインのグラスは、冷たい温度を保つため小さいサイズのものを選ぶのが良いです。

奥が深いワイン

上に書いた内容は本当に基本的なグラスの選び方です。

詳しく書いてあるサイトなどを見ると、赤白の違いだけでなく品種の違いや醸造方法、貯蔵方法などの違いによるグラスのおすすめ使い分けなども説明されています。

こだわりだしたらきりがありませんし、完璧に対応するのはなかなか難しいものですが、お金をいただいてお飲み物を提供しているので、少しでも美味しく楽しんでもらえるように勉強して可能な範囲内で対応したいですね。

特にワインは良く店舗に飲み比べなどのイベントのお知らせなどもよく来るので私も色々と飲み比べて勉強したいと思います。

記事作成日:2017.01.12

FacebookロゴTwitterロゴFeedlyロゴrssロゴこのエントリーをはてなブックマークに追加