蛍光灯をLED化して電気代コスト削減

蛍光灯LED化

記事関連ワード

蛍光灯 LED 電気代 削減

LED化できる蛍光灯

以前記事にした電球のLED化は、ただ電球をLED電球に交換するという簡単なものでしたが、蛍光灯の場合は違います。

一般の蛍光灯は『放電型ランプ』で、ランプの中で放電現象を起こして、その光を反射させて光源としています。 そのため、蛍光灯には、『安定器』と『グロー球』が組み込まれています。

しかし、LED蛍光灯は『放電型ランプ』ではないため、安定器やグロー球は不要です。 そのため、本来であれば安定器とグロー球を外して、回路を組み替える作業が必要になりますが、この工事は、電気工事士の資格が必要です。

では工事が必要なのかというと、工事不要で交換できる場合もあります。 もちろん工事をして交換するのが一番良い方法で確実・安全だと思います。 これから書く方法はあくまでも自己責任でお願いします。

ただ、焼肉-kai-ではこの方法で問題なく交換することができました。

まず、蛍光灯には種類があります。

【蛍光灯の種類】
・グロー式(品番がFLから始まる)
・ラピッド式(品番がFLRから始まる)
・インバーター式(品番がFHFから始まる)

蛍光灯器具から種類を見分けるのが一番確実ですが、電球に書いてある品番からも確認できます。

※器具の対象とは違う蛍光灯でも点灯する場合があるので器具から種類を確認することをおすすめします。

ラピッド式とインバーター式の蛍光灯の場合は残念ながら対象外です。

グロー式(蛍光灯にFLから始まる品番が記載されている場合)の場合は、工事不要でLED蛍光灯に変更することができる可能性が高いです。

交換方法

お使いの蛍光灯器具がグロー式であった場合は、グロー球を外すだけでLED蛍光灯に交換できる可能性が高いです。

グロー球は回しながら引き抜くだけであっさり外れるので、何も難しくありませんでした。

計算基準

どのくらいの削減効果があるのか計算する上での基準は以下の通りです。

使用箇所
厨房:3箇所 × 2本 = 6本
事務所:2箇所 × 1本 = 2本
計:8本

購入費用
・以前までの蛍光灯・・・220円
・LED蛍光灯・・・620円

1ヶ月の使用時間
1日 8時間
営業日数 24日
1月の使用時間 ⇒ 192時間

計算基準
・従来蛍光灯・・・40W
・LED蛍光灯・・・18W
・25円/kwh


費用効果計算

1ヶ月使用した場合
従来蛍光灯
購入費 8(本) × 220(円) = 1,760(円)
電気代 192(h) × 0.04(KW) × 25(円) × 8(本) = 1,536円
計:3,296円

LED蛍光灯
購入費 8(本) × 620(円) = 4,960(円)
電気代 192(h) × 0.018(KW) × 25(円) × 8(本) = 692円
計:5,652円

3ヶ月使用した場合
従来蛍光灯
購入費 8(本) × 220(円) = 1,760(円)
電気代 576(h) × 0.04(KW) × 25(円) × 8(本) = 4,608円
計:6,368円

LED蛍光灯
購入費 8(本) × 620(円) = 4,960(円)
電気代 576(h) × 0.018(KW) × 25(円) × 8(本) = 2,074円
計:7,034円

4ヶ月使用すれば、計算上は元はとれそうです。

1年使用した場合
従来蛍光灯
購入費 8(本) × 220(円) = 1,760(円)
電気代 2304(h) × 0.04(KW) × 25(円) × 8(本) = 18,432円
計:20,192円

LED蛍光灯
購入費 8(本) × 620(円) = 4,960(円)
電気代 2304(h) × 0.018(KW) × 25(円) × 8(本) = 8,295円
計:13,255円

1年使用すれば、6,937円の節約になる計算です。

最後に

使用時間がある程度ある、会社やお店などであれば、LED蛍光灯に交換すれば4ヶ月前後で元はとれそうなので、使用中の蛍光灯がまだ使えたとしても交換するメリットはありそうです。

逆に一日に少ししか点灯時間のない場所では、元をとるのに時間がかかるので、きれたタイミングでの交換が良いかもしれません。

電気代削減の他にも、従来より明るくなる、大型施設であれば、交換の手間が減るといった他のメリットも出てくるかと思います。

今回の計算は、小さなお店である焼肉-kai-をモデルに計算しているため、驚くような削減金額ではありませんし、LED電球ほどの削減効果はありませんが、広い店舗で蛍光灯の本数が多ければより効果が大きいと思います。

くれぐれも交換可能であるか確かめてからの作業をお願い致します。

記事作成日:2017.01.10

FacebookロゴTwitterロゴFeedlyロゴrssロゴこのエントリーをはてなブックマークに追加