最近のパソコン購入はDELLが多い

カート

記事関連ワード

パソコン PC 購入 おすすめ 安い DELL

最近パソコンの値段を調べる事が多い

自分が欲しくて、軽量で持ち運びしやすいノートパソコンを検索することはちょこちょこあったのですが、 最近は、会社のパソコンの追加購入や妻用のノートパソコンの購入、お客様や友人、親戚などからどのパソコンを 買えば良いか聞かれる事が多く、お店やネットを調べ回って何度も探していました。

私は何も知らない方よりは若干知っている程度で特別パソコンに詳しいわけではないのですが、 何もわからない方は、お店の店員さんに勧められるがまま、不必要にハイスペックな商品や、 大して安くもない商品を買わされそうなので、『この商品をここで買う』と決まるまでしゃしゃり出てしまいます。 この半年で10回以上は相談されていると思います。

オーバースペックであっても、能力の高いパソコンの方が良いですし、見栄えの良いもの、軽量のものがもちろん良いのですが、 皆様やはり一番重視するのは≪価格≫のようで、 DELL 公式サイトでの購入がほとんどです。

私が、パソコンを選ぶ際に注意している事をメモ的な役割も込めて記事にしておこうと思います。

使用用途の確認

パソコンを購入する際、どのように利用するかによって購入するパソコンが変わってくると思います。

色々なソフトを使う方でスペックの高いパソコンを必要とする方は正直自分で探す力があると思います。

Microsoft Office の必要の有無や、使っているソフトの推奨環境等は必ず聞いておかないと、後々追加費用が発生する可能性があります。

パソコン能力の目安

パソコンを選ぶ際、能力の目安となる項目を簡単にご説明したいと思います。 数値が高いからと言って必ず処理能力が高いというわけではないという事を頭に入れておいて下さい。 ただ大いにパソコンの能力に関係するので、『結構参考になる目安』くらいの認識でしょうか。

・CPU
・メインメモリ
・ストレージ

お店にパソコンを見に行ったら必ず書いてありそうな上記3項目に関して簡単に書きたいと思います。

CPU

・シリーズ
・コア数
・クロック周波数

CPUに関しては上記3項目に関して大雑把にご説明します。

シリーズ
インテルさんのCPUの話ですが、
Core i7 > Core i5 > Core i3 > Core M > Pentium > Celeron >= Atom

左にいく程、高性能で高価格。右に行く程能力が落ち価格も安くなります。 あくまでも目安なので、順番が多少前後する可能性があります。

コア数
コアとはCPUの中心部分で、実際の処理を担っている場所です。

人に例えると、コア数が多い = 作業する人が多い という事で、コア数が多いと、一度に複数の処理ができたり、 作業を分担して処理できるなどのメリットがあります。
※コア数が2倍になったからと言って、速度も2倍になるわけではありません

シングルコア(コア数:1)、デュアルコア(コア数:2)、クアッドコア(コア数:4)、オクタコア(コア数:8)等、 パソコンスペックの書かれている場所に書いてあると思います。

とにかく処理を速くしたい方や、同時に複数の処理をする方(動画編集をしながら、Youtubeを見ながら、ネットで調べものをしながらブログも書いている等器用な方) はコア数も意識しておきましょう。

クロック周波数
クロック周波数とは1秒間にどのくらいの処理ができるかを表した数値で、数値が高い程処理速度が速いです。

CPUの処理速度の性能を表す数値なので、重要な数値です。

メインメモリ・ストレージ

ここは詳しく説明すると少し難しくなってしまうので、凄く大雑把に書いてしまいます。

メインメモリ(RAM/主記憶装置)
メインメモリは、コンピュータが処理するデータを一時的に置いておく場所で、良く『作業台』に例えられます。 数値が大きい程作業台が広く効率的に速く作業ができるため、処理速度に影響します。

ただし、このメインメモリは交換や増設する事によって性能を向上させる事ができます。 PCによって、上限のメモリ数や、メモリをさせる数等違うので確認が必要です。

また、これからWindowsのパソコンを買うのであればWindows10を購入される方が多いと思いますが、Windows10にも32bitと64bitというものがあります。 32bitの場合は、このメインメモリの上限が『4GB』です。後々メモリ容量をあげて速度を改善したいと思ってもOSを買い替えなければいけなくなってしまうため、 速度が気になる可能性のある方は、64bitのOSを選ぶようにしましょう。

ストレージ(ROM/補助記憶装置)
ストレージには、HDDやSSDといったものがあり、書類データや写真、動画等を保存しておく場所です。

1MB = 1,000kB
1GB = 1,000MB
1TB = 1,000GB
といった数値で表します。

写真1枚が数MB~数十MBくらい、音楽1曲が数MB~100MB前後、動画ファイルが数十MB~数百MBくらいでしょうか。 映画ほどの長さの動画や高解像度の動画だと1GBを越えるでしょう。

どのくらいの容量のファイルをどのくらいの数保存しておきたいか考えてストレージの大きさを検討しましょう。 外付けで良ければ簡単に増設する事もできます。

デル株式会社

結局

タイトルから凄く話がそれてしまいましたが、ハイスペックな能力を必要とする方は特殊なソフトを使う方や、 動画の編集・ネットゲーム等される方でそれなりのパソコンの知識を持っている方が大半で、良く何を選んで良いかわからない方は、 ネットの検索やEXCEL・Wordの処理、Youtubeや動画配信サイトの利用などそこまでのハイスペックPCを必要としない方が多いと思います。 (私に相談された方は全員)

という事で私は、『パソコンが遅い』と言われるのも怖いので、CPUは core i3 くらいでメインメモリは4GBは最低あって、少なくとも8GBまでは増設可能で、 ストレージも500GBくらいあって、人によってはMicrosoft Office もとの条件で最安値を探していると、結局はDELLのPCが調べた中で最安値だった。

という結果がほとんどでした。もちろん、全てのPCの値段を調べたわけではないので最安値ではないかもしれません。 セールをしている店舗で買った方が安いかもしれませんし、中古可能ならほぼ間違いなくさらに安く買えるでしょう。 またネットでの購入なので不安な方もいらっしゃるかと思います。 あくまでも、ご参考までに。そして上に書いたようなスペックでもっと安い買い方知ってる!という方いらっしゃいましたら教えていただけると嬉しいです。

また、DELLさんのページ内の商品もちょこちょこ入れ替わってる気がしますので、細目に覗いてみてください。 サイト内のクーポンコードを入力しないと安くならない不親切さもあるのでくれぐれもご購入の際はご注意を。

記事作成日:2017.06.22

FacebookロゴTwitterロゴFeedlyロゴrssロゴこのエントリーをはてなブックマークに追加